(財)京都YWCAのスケジュール >> 財団法人京都YWCA
by kywca-s
カテゴリ:平和( 14 )
「脱原発」を考える連続講座 part2

「ウラン採掘から兵器製造に至るまで、
原子力推進の背後にある隠された狙いを告発するドキュメンタリー」
映画『ハード・レイン』上映会 + 細川弘明さんのトーク

日時
2011年12月11日(日)午後2時から4時半
内容
●映画『ハード・レイン -パンドラの箱から降り注ぐ放射能』
オーストラリアで、「温暖化対策」として原発の新設が検討され始めた。「チェルノブイリからはもう何十年も経っている。先入観に縛られず、議論を進めよう」と政治家たちが喧伝する中、「本当の情報」を求めて、監督デビッド・ブラッドベリは、ふるさとオーストラリアをはじめ、フランス、イギリス、中国、日本(広島・福井)の5カ国をめぐる旅に出た。
放射能の害は誰でも知ってるはずなのに、それでもなお私たちは原子力を使い続けるのか――?
福島をはじめとして、日本の原発でも使われてきたオーストラリア産ウラン。その産出現場やウラン鉱山をめぐる圧巻の映像と情報量。
巨匠ブラッドベリが放つ、渾身のドキュメンタリー。

●ゲスト:細川弘明さん(映画「ハード・レイン」監修者)
 …アジア太平洋資料センター(PARC)共同代表、京都精華大学 人文学部(環境未来コース)教授。オーストラリア先住民族の土地権運動や環境知識について研究。映画『ジャビルカ』日本語版も監修。福島市での活動を中心とした「放射能除染・回復プロジェクト」にも参加。
参加費
1,000円(一般)500円(学生)
定員
80名
対象
一般
場所
京都YWCA(京都市上京区室町通り出水上る/地下鉄「丸太町」から徒歩8分)
主催
京都YWCA(tel.075-431-0351 e-mail:office@kyoto.ywca.or.jp)

[PR]
by kywca-s | 2011-12-11 14:00 | 平和
2011年度YMCA/YWCA合同企画プログラム

『アフガニスタン・イラク そしてフクシマ』
-若者は権利と正義を呼び求める-

日時
2011年11月17日(木)午後6時半-8時半
内容
今年は日本において3月に東日本大震災が起こり、日本国内だけでなく世界中から援助の手が差し伸べられました。国民の目は今、国内の出来事に向いています。しかし、この時もイラクやアフガニスタンでは市民が殺され、また劣化ウラン弾による被曝の犠牲者が増え続けています。一方福島では、原発事故により撒き散らされた放射能の影に生活や健康がおびやかされています。いずれの世界でもその一番の被害者は、子どもと若者です。今世界で起こっていることと、福島で起こった原発事故について、今日われわれの世界の抱えている問題を西谷文和氏にお話いただき、共に考える機会としたいと思います。
●講師紹介:西谷 文和(にしたに ふみかず)
 フリージャーナリスト 1960年生まれ 吹田市役所勤務を経て現在はフリージャーナリストとして活躍中。「イラクの子どもを救う会」の代表。イラク、アフガニスタン、パキスタン、パレスチナなど紛争各地に入り取材を続けている。
イラクの子どもを救う会: 米軍のイラク攻撃で負傷した子ども、米軍の使用した劣化ウラン弾により被害を受けた子ども達を救うために2003年に作られたNGO。西谷文和氏が代表を務めている。
参加費
500円(学生300円)(含む軽食代)
定員
80名
対象
一般
場所
京都YMCA 地階 マナホール
      京都市中京区三条通柳馬場東入中之町2番地
      地下鉄烏丸御池駅下車三条通を東へ徒歩5分
      三条河原町より三条通を西へ徒歩5分
問合せ・申込み
京都YWCA ℡ 075-431-0351(担当山本)
主催
京都YMCA・京都YWCA合同祈祷週プログラム実行委員会

[PR]
by kywca-s | 2011-11-17 18:30 | 平和
大震災後の未来を創る

ワークショップ

日時
2011年6月18日(土)午後3時~6時(受付開始2時30分)
内容
2011年3月11日、東日本にマグニチュード9.0の
大震災と大津波が発生しました。
自然の猛威とその前にたちつくす人々の映像は
今も私たちの心に刻み込まれています。
福島原発事故による放射能汚染の拡大と
避難する人々からも目を離すことができません。

新聞やテレビ、インターネットなどから
様々なニュースや情報を得て、
「何かしなければ」と思った人は多いでしょう。
「何をするべきか」と思った人も多いでしょう。

1人でできることもあれば
1人ではできないこともあるかもしれません。
1人で考えるよりも
いろいろな人と話し合うことで、
よりよいアイデアが生まれるかもしれません。

人も社会も大きく傷ついた大震災。
これから、どのような社会のあり方、
個人の生き方を実践したら
肯定的な未来へとつながっていくのか、
参加者全員でたくさんのアイデアを出し合い、
自分にできること、行政や企業に求めるべきことを
確認し合う場にしたいと思います。
どうぞご参加ください。

プログラム 
★問題提起 長谷邦彦
(ほーぽのぽの会メンバー、京都外国語大学教員)
★グループトーク ★全体トーク
参加費
500円(茶菓代、資料代込)
*なるべく事前にお申込ください。
定員
テキスト
対象
一般
場所
京都YWCAホール
(〒602-8019京都市上京区室町通近衛町44)
問合せ・申込み
京都YWCAほーぽのぽの会
TEL. 075-431-0351 FAX. 075-431-0352
office@kyoto.ywca.or.jp http://kyoto.ywca.or.jp/
主催
京都YWCA

[PR]
by kywca-s | 2011-06-18 15:00 | 平和
CAFE FRIEDEN

カフェ・フリーデン(カフェ平和)

日時
2011年6月16日(木)18:30~20:30
内容
平和に関するトピックについてなんでも知ろう!
学ぼう!話しあおう!というカフェです。
おいしいフェアトレードのコーヒーとともに、
平和のあれこれ、考えてみませんか?

第1回・テーマ
パレスチナ問題から、「私たち」について考えてみよう!
参加費
300円
定員
20人程度
対象
一般
場所
京都YWCA
問合せ・申込み
予約不要
お問い合わせは京都YWCA 075-431-0351まで
主催
京都YWCA

[PR]
by kywca-s | 2011-06-16 18:30 | 平和
ほーぽのぽの平和学講座

先住民に学ぶ 人と人、人と自然のつながりかた 
~スローでピースな○○をめざして

日時
2011年3月27日(日)午後3時30分~5時30分(終了予定)
内容
ハワイの先住民の人々は「ho'o ponopono(ほーぽのぽの)」と呼ばれる紛争解決のための話し合いの手法を持っています。
 日本の先住民、アイヌの人々も同じように「ウコチャランケ」という話し合いで物事を決めていたそうです。
共に、時間をかけて、ゆっくりと、お互いの気持ちを言葉にして伝え合い、納得し、公正に判断する…
このようにして先住民コミュニティは平和を保ってきたのでしょう。
自然を敬い、共生してきたところもあらゆる先住民の人々に通じるものがあります。

 ゲストスピーカーの藤森宣明さんはハワイ・カウアイ島のお寺を拠点に、ハワイの先住民とアイヌの人々の交流活動や環境活動など、様々な社会活動に取り組んでいらっしゃいます。
 藤森さんが先住民の人々から学んだ「平和のつくりかた」、そして藤森さんが取り組んできた平和を創る活動をヒントに、これからの私たちの生き方・暮らし方を一緒にさぐってみませんか。
タイトルの○○に入る言葉は「世界」「社会」「コミュニティ」「生き方」「私」…etc
参加するあなた自身が決めてください。

■ゲストスピーカー:藤森宣明さん(ハワイ・カウアイ島ワイメア東本願寺住職)
■プログラム:☆藤森さんのお話  ☆対話の時間 ~グループトーク&全体トーク
参加費
500円
定員
50名
対象
一般
場所
京都YWCAホール
問合せ・申込み
京都YWCA tel.075-431-0351 e-mail:office@kyoto.ywca.or.jp
主催
京都YWCAほーぽのぽの会

[PR]
by kywca-s | 2011-03-27 15:01 | 平和
見る・聞く・食べる パレスチナ vol.2

見る・聞く・食べる パレスチナ vol.2
~アラビア語詩の響きを味わう~

日時
2011年3月12 (土)
【時間】 受付13:30 - 開始14:00 – 終了16:00頃
内容
京都YWCAブクラでは、アラビア語詩の朗読会を開催します!

アラビア語詩の豊穣な響きや雰囲気を味わいながら
占領下に生きるパレスチナの人々の声に耳を傾けてみませんか。

当日は軽食を用意してお待ちしております。
参加費
【資料代】 大人 700円 高校生以下 400円
定員
30名
対象
一般
場所
京都YWCAホール
問合せ・申込み
京都YWCA tel.075-431-0351 e-mail:office@kyoto.ywca.or.jp
主催
京都YWCA  ブクラ

[PR]
by kywca-s | 2011-03-12 14:00 | 平和
「2.11プログラム」

水平社博物館訪問ツアー

日時
2011年2月11日(金・休)9:30集合、17:00頃解散(予定)
内容
奈良県御所市にある水平社博物館と周辺施設をガイドつきで回ります。この期間、博物館では韓国併合100年の特別展「コリアと日本」も開催されています。2.11プログラムとして、私たちの差別/人権意識を問い直すフィールドワークとして企画しています。
参加費
3,500円(集合から解散場所までの交通費、入館料、ツアーガイド料含む)
定員
20名
対象
一般、関心のある人どなたでも
場所
集合&解散:近鉄京都駅
問合せ・申込み
京都YWCAtel.075-431-0351、e-mail:office@kyoto.ywca.or.jp
主催
京都YWCA2.11実行委員会

[PR]
by kywca-s | 2011-02-11 09:30 | 平和
カフェ・フリーデン

カフェ・フリーデン

日時
2010年9月4日(土)13:00-14:30
内容
おいしい(フェアトレード)コーヒーとともに、時事問題・歴史問題の映像を見たり、話を聞いたりしながら、気軽に素直に話し合う場です。
今回のテーマ:「CCAピース・スクール(平和構築と紛争変換に関わるトレーナー研修)に参加して」
参加費
300円
定員
20名
対象
一般
場所
京都YWCA
問合せ・申込み
京都YWCA(tel.075-431-0351、e-mail:office@kyoto.ywca.or.jp)
主催
京都YWCA平和委員会

[PR]
by kywca-s | 2010-09-04 13:00 | 平和
カフェ・フリーデン(カフェ平和)

カフェ・フリーデン(カフェ平和)

日時
2010年7月31日(土)12:00-13:30
内容
DVD「神の舞う島」~祝島~を見ながら、語るひとときです。
*カフェ・フリーデンは、お茶を飲みながら時事問題・歴史問題など毎回テーマに沿った映像や発題を素材に参加者で共に語る場です。
参加費
300円(コーヒーつき)*今回はランチタイムなので、各自お昼を持ち寄り、食べながらご参加ください。
定員
15名
対象
どなたでも。(子連れ参加もO.K.です)
場所
京都YWCA
問合せ・申込み・主催
京都YWCA平和委員会(075-431-0351)

[PR]
by kywca-s | 2010-07-31 12:00 | 平和
体験しよう!パレスチナ

体験しよう!パレスチナ-刺しゅうから見える女性・暮らし・文化-

日時
2009年12月13日(日)13:00-15:30
内容
 パレスチナの刺繍をご覧になったことはありますか? 花や月、サボテンなど素敵な柄には、その一つひとつにパレスチナの文化や伝統、生活に根ざした背景があります。そうした刺繍文化の担い手は女性たち。60年以上に及ぶイスラエルとの争いのなかで、パレスチナの女性たちにとって刺繍とは何を意味するのでしょうか。
 今回の京都YWCAブクラの企画では、そうしたパレスチナ刺繍を皆さんと一緒に作りながら、女性たちの思いや生活、文化の継承などについて語り、考える機会になればと思っています。
 パレスチナ/イスラエルの研究をしている金城美幸さん(京都YWCA会員・ブクラメンバー)が、パレスチナの刺しゅう文化についてお話しします。また、刺しゅう製作、販売を行っているベイト・ジブリン難民キャンプの女性たちの様子などもご紹介する予定です。
 普段の報道ではなかなか知る事のできないパレスチナの文化を、刺繍づくりを通してぜひご体験下さい!

参加費
¥1,200 刺しゅう布、糸、針などはこちらで用意します。
定員
20名
対象
一般
場所
京都YWCA 京都市上京区室町出水上ル近衛町44 
問合せ・申込み
京都YWCAまで電話、FAX、E-MAILにてご予約ください。
tel:075-431-0351 fax:075-431-0352 e-mail:office@kyoto.ywca.or.jp
主催
京都YWCAブクラ

[PR]
by kywca-s | 2009-12-13 13:00 | 平和